プロフィール

ハーブとアロマの教室

はじめまして、こんにちは。

「feel emo」の磯野久仁子です。

ハーブが好きで、学んでいうるちに

「ハーブの良さをたくさんの人にお伝えしたい!」

と思うようになりました。

たくさんの種類があるハーブですが、生活に役立てるための

ちょっとしたヒントとレシピを、分かりやすく

お伝えできればと思います。

ハーブやアロマテラピーを通して、のんびりとした時間を

感じて頂ければと思っています。

ストレス社会と言われ、心の癒しについて関心を持つ人が

増えていると言われています。

特に女性は生活の変化によって体調を崩したり

気持ちの変化が多い傾向があります。

ハーブは、自然の中にあるものを活用するので

癒しだけでなく、自然や植物への感謝の心を育てることもできると

考えています。

忙しさで、自分の心に向き合う時間が少ないと言われる

現代人ですがたまにはのんびりと

心に向き合うひとときを、自分へのごほうびに!

ぜひ、教室に遊びにいらしてくださいね。

ハーブとアロマで、リラックスした時間を過ごしましょう。

 

feel emo」という名前について

この教室名は、もう約10年くらい前から真剣に考えていました。

その後、かれこれ2年ほど前に旅行へ行った時に出会った人から

お話の中で言われた言葉がこの「emotion」でした。

ずっと考えていた言葉で、これをどう生かしていくか

教室を運営するにあたりどんなことをすればよいか

考えていた時に出会ったこの「emotion」という言葉だったので

教室名につけることにしました。

自分の思いを名前にするというのは、とても時間のかかる仕事でした。

 

「feel emo」のfeelとは、feeling(フィーリング)からつけたものです。

辞書によれば

feelとは「触覚に訴える能動的な意思行為・から精神的な近く(・・と感じる)まで

触ってみる・ちかくする・映鏡を受ける・思う・手探りで探す・感触を持つ」

などの意味を持つといいます。

一方「emo」はemotion(エモーション)からつけたものです。

「emotionとは、外への動き・感情・情緒・人の感情に影響を及ぼす」

などの意味があるという事です。

出典:BASIC GENIUS 英和辞典 大修館書店

これらの2つの言葉を思考錯誤しながら、じっくり考え生まれたのが

「feel emo」という教室名です。

感情や情動を意味する言葉ですが、ハーブやアロマを知り、体験する事で

自分の心に自由になって気持ちを解放できたらという思いも

あり、この名前を考えました。。

講座を受けてくださる参加者の方が、ハーブやアロマを通して

心が動くような、楽しい、新しい発見ができた!という

体験をしてもらいたいという思いで、活動を始めました。

ほんの小さな発見や出会いが、人の心を動かし

新たな行動へのきっかけとなることを願い、これからも

教室を運営していきたいと思います。

 

ハーブとアロマの教室feel emo

磯野久仁子

 

出典:ベーシック

講師資格

ハーバルセラピスト

アロマテラピーアドバイザー

磯野久仁子

 

アメブロ