アロマオイル, アロマ活用法

ペパーミント

昔から、お菓子や歯みがき粉、薬などに使われてきたペパーミントは

スーッとした香りが特徴のハーブです。

ペパーミントは、ウォーターミント(Mentha aquatica)とスペアミント(Mentha spicata)の交配種です。

精油は主に、ペパーミント、スペアミント、ハッカなどから抽出されます。

ミントの種類はとても多く(亜種だけで数千種類と言われる)

交配しやすいため、同じ場所で数種類のミントを育てた時に

「もとのミントとは違う種類の種を収穫した」という人が多いのも

交配しやすいミントならではですね。

丈夫で育てやすく、繁殖しやすいので初心者にも最適なハーブです。

古来より、庶民が気軽に飲めるお茶として長い間親しまれてきました。

 

Peppermint(ペパーミント)

学名:Mentha piperita

科名:シソ科 多年草

和名:セイヨウハッカ

原産:アメリカ・イギリス・フランス・オーストラリア

抽出部位:葉

抽出方法:水蒸気蒸留法

香りの特徴:スーッとした刺激のある香り。

成分:l-メントール・メントン・1.8シネオール・タンニン・フラボノイド

ノート:トップ

作用:乗り物酔いをやわらげたり、消化を助ける。冷却作用。

殺菌、健胃、鎮痛。防腐、眠気防止、リフレッシュなど。

心:心身の疲労時、リフレッシュしたい時に。ストレスをやわらげ気分をすっきりさせる。

体:吐き気や頭痛をやわらげる。鼻づまりなどの緩和。

肌:花粉などで鼻が詰まった時などに、マグカップにお湯を入れてペパーミントの精油を1滴垂らして

置くのもおすすめ。

 

注意点:刺激が強いのでスプレーなどのクラフトに使う場合は、

濃度を基準通りに使用し、蒸気吸入をする時は、目を閉じて行いましょう。

 

活用例:ハーブティーやポプリ、サシェ、リース、ハーブティー、料理、香料など。

・ディフューザーや洗面器にお湯を入れて蒸気吸入をすると、とてもすっきりします。

お腹の不調に、キャリアオイル20mlに約4滴ほど混ぜてお腹のトリートメント(マッサージ)をする。

 

・炎症がある時に、湿布剤として患部にあてて炎症をやわらげます。

水にペパーミントの精油を1~2滴入れて、カーゼ等を水に浸して

患部にあてます。

・お客様を迎える時に、おしぼりにミントを添えたりおしぼりの中に巻き込んでおくと

広げた時に、ほんのりと良い香りが広がります。

 

・他にも、コップにお水を入れて、ミントをさしておくと根が出てくるので

それを土に植えると、簡単に増やすことができますよ。

ハーブとアロマのお店 feelemo

https://feelemo.com

磯野久仁子

 

当ホームページまたは関連するサイト等のすべての転載・転用を禁じます。

また、記事や文章の一部加工や内容を変更しての無断使用や転載、投稿を禁じます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です