アロマテラピー

アロマテラピー

アロマテラピーとは

アロマテラピーのアロマとは精油を使った

芳香療法です。

植物の香りが、心や体に伝える力というものが

注目されています。

その植物の力を私たちが受け取ることで、すこやかな毎日への

サポートになります。

 

アロマテラピーの始め方

アロマテラピーと聞くと、何となく難しいと感じる方も

いるかもしれません。

例えば、花の香りをかぐ、森林浴をするなど自然に親しむことを

思い出すと、アロマテラピーは、そんなに難しいものではなく

身近なものであることがわかると思います。

最近では、お店などでアロマディフューザーを

見かけることが増えましたが、その種類もとてもたくさんあります。

まずは、好きな香りの精油を見つけて、アロマディフューザー

を使い、香りを楽しむのもおすすめです。

入浴やトリートメントなど、幅広い活用法があるので

香りに慣れてきたら、試してみるのも楽しいものですよ。

 

アロマテラピーに使われる精油

たくさんの種類がある精油ですが、比較的利用しやすく

多くの人に好まれるのは、ラベンダーです。

日本各地にラベンダー畑がありますが、中でも有名なのが

北海道の富良野にあるラベンダー畑は、みなさんよくご存じではないかと思います。

「花の香りでリラックスできた」「気持ちが和んだ」

という方も多いのがこのラベンダーです。

 

他にもペパーミントの香りで「気持ちもすっきりした」

「リフレッシュできた」という方も多いのがこの精油です。

日本では、ハッカとして親しまれています。

 

オレンジ(スイート)

果物でおなじみのオレンジですが、アロマの精油にもあります。

食べる時にも、良い香りがしますがオレンジの精油は

リラックスしたい時にはおすすめです。

親しみやすく、幅広い年齢層に支持されています。

精油を使ったアロマセラピーは、生活を楽しむために

役立つものではないかと思います。

ぜひ、香りを楽しむことから始めてみませんか?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です