アロマ活用法

夏におすすめのアロマオイル

新型コロナも、なかなか収束しないままですが

皆さまお元気ですか?

自粛生活が続き、ストレスがたまりがちになってしまうかもしれませんが

上手に気分転換をして、今を乗り切りましょう。

夏におすすめと言えば、ハッカです。

すっきりとした香りと一瞬にして肌をひんやりとした感覚にしてくれるなど

暑い夏にぴったりです。

鼻が詰まった時に使えばすっきりしますし、リラックス・リフレッシュ効果も

ありますので、気持ちを切りかえたい時にもおすすめです。

 

ハッカ

和ハッカ(日本ハッカ):シソ科ハッカ属

和ハッカは日本原産とされ、江戸時代後期から北海道で栽培され始めたと言われます。

その後、商業化され輸出もされていました。

開花期は7月~8月で、ペパーミントなどと同じく料理やお菓子作りなどに使われます。

草丈は約50㎝ほどになります。

セイヨウハッカのペパーミントやスペアミントに比べると

日本ハッカは苦みや香りがとても強いので

そのままを香料に使うのはやや難しいと言われます。

 

・ハッカ脳とは

ハッカ脳とは結晶化した粒の事で粒状の物や細長いものもあり大きさはさまざまです。

葉を蒸留して精油を抽出するとハッカ油とメントールが取れます。

蒸留した精油中に高濃度のメントールが含まれます。

ハッカ油の使い方

・マスクに数滴たらして、またはスプレーを作ってシュッとかけて使う

・お部屋の消臭にスプレーを使う

・疲れた時の気分転換に

・虫よけに

・ハッカをお風呂に垂らしてハッカ風呂

・お風呂上りにつける

・お風呂に数滴たらして清涼感を楽しむ

・お掃除のときに抗菌作用を利用する

・スーッとした香りで吐き気を軽減

・鼻づまりがきになる時やマスクに数滴たらす

・アロマのハンドメイドに

 

日本人には昔から親しまれた香りで、まさに万能選手と言えます。

スプレーを作って部屋で使ったり、タオルに数滴たらして置いておくだけでも

良い香りがして心地よいものです。

っスプレーは、アルコール45mlに数滴入れて混ぜ、精製水を5ml入れよく振り混ぜます。

部屋や布など、好きな場所にスプレーして使います。

 

ハッカ油のお風呂は、入った時にスーっとするのですが

これは、香りや成分が神経を伝わり、体への刺激を冷たいと感じるためで

実際には温度(体温)が下がっているわけではありません。

また、虫が嫌う香りと言われていますので虫でお困りの方は気になる所に

スプレーや数滴たらすなどしてお使いください。

お掃除のときにバケツ等に水を入れ、ハッカ油を数滴たらして

ぞうきんを浸し拭き掃除をしてもすっきりします。

アロマポットなどにハッカ油を数滴たらして香りを楽しむのも良いです。

アロマポットがない場合は、水やお湯をコップに入れて、ハッカ油を垂らしても

手軽に楽しめます。

注意点

・引火性があるため、火気のそばに置かない

・適度に換気をする

・油に溶けますが水には溶けないため良くかき混ぜて使う

・原液を皮膚につけない

・刺激があるため、粘膜や皮膚の弱い部分には使用しない

・衣服や壁などにつくと変色する場合があるので気を付ける

・体調に不安がある場合や異常がある場合は医師に相談の上ご使用ください。

 

暑い夏を乗り切るための方法としてハッカ油を使うのは

とてもおすすめです。

涼しい気分で夏を過ごしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です