アロマ活用法

残暑におすすめ!アロマとハーブの使い方

 

こんにちは。

残暑も落ち着き、涼しい日が多くなってきましたね。

新型コロナは少しずつ収まってきてはいますが

まだまだ気の抜けない日が続いています。

皆様もどうぞ健康に気をつけてお過ごしください。

 

今年の夏も暑かったので、クーラーをつけっぱなしという人も

多かったのではないでしょうか?

冷えた体を温めるような、温かいハーブティーで

身体の中から温めて、体調を整えるのがおすすめです。

おすすめはハイビスカスティーやレモンバームのハーブティー。

ハイビスカスはクエン酸をたっぷりと含んでいて

疲れた時に時に最適です。

レモンバームティーは気持ちを穏やかにしてくれる、やさしい香りです。

リラックス効果とお肌にも良いので、ハーブティーをお風呂に

入れても良いです。

アロマ活用法 (沐浴法)

身体が冷えた時には、半身浴がおすすめです。

40℃以下のぬるめのお湯に、アロマオイル(エッセンシャルオイル)を

約5滴ほど入れてゆっくりと浸かります。

オレンジやラベンダーを使って、温めながらリラックスをしましょう。

香りに癒されると同時に体もぽかぽかと温まり

体調を回復するのにも役立ちます。

今年は新型コロナの影響で、外に出かける機会が減っている人も多いと思いますが

家の中で、アロマテラピーを楽しんで

元気にこの状況を乗り切って頂ければ幸いです。

植物の香りを手軽に楽しめるのもアロマオイル(エッセンシャルオイル)の

良い所です。

いつものお風呂に、アロマを少しプラスするだけで

いつもと違うバスタイムが楽しめますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です