アロマオイル, アロマ活用法

ジャーマンカモミール

初夏に、たくさんの白い花を咲かせて、見た目にもかわいいカモミールは、リンゴのような香りが特徴のハーブです。

属名のMatricaria(マトリカリア)とは、子宮を意味し、古くは女性がかかりやすい病気の

治療に使われていました。

生命力の強いハーブで知られています。

ジャーマンカモミールは1年草ですが、アンテミス属のローマンカモミールは多年草です。

カモミールを植えると、そのそばにある植物が元気に育つと言われています。

ジャーマンカモミールの葉に香りはなく、花は中空になっています。

甘みのある、さわやかなハーブティーは世界中で親しまれています。

 

ジャーマンカモミール(Garman chamomile)仏名カモミーユ

学名:Matricaria chamomilla(Matricaria recutita)

和名:カミツレ

科名:キク科

原産:ドイツ・イギリス・エジプト・ドイツなど

抽出部位:花

抽出方法:水蒸気蒸留法

香りの特徴:リンゴのような甘くてフレッシュな香り

成分:精油(α-ビサボロール・カマズレン・セスキテルペンラクトン類・ファルネセン)

フラボノイド・クマリン

カマズレンの精油は濃い青色をしています。

カマズレンは、精油を蒸留する時に得られる成分で、生花からは得られず乾燥して蒸留することで

抽出できます。

 

ノート:ミドル

作用:消炎・鎮静・鎮痙・かゆみの緩和

 

心:怒りを鎮め、心身のリラックスに

体:病後や疲労した時などにハーブティーを飲むと、とても温まりリラックスできます。。

お腹の不調にも。

肌:ハーブティーは穏やかに作用するため、子どもからお年寄りまで幅広く利用されています。

 

活用例:化粧水やクリームに使用したり、ハーブティーにミルクを入れて飲んでも〇

入浴剤やドライフラワーにしてクラフトに使用できます。

ハーブティーをローションとして、または、バスタブのお湯に混ぜて入浴剤としても使用できます。

 

注意点:妊娠中は、ハーブティーを控える。

 

種から育てる場合は、春と秋にまきます。

日当たりの良い所で育てて、葉が密集したり広がった場合は

適度に刈り込みます。

支柱等をたてて支えを作るのも良いですね。

開花をすると、だんだん花の中心部(黄色い部分)が

盛り上がり、見た目にもきれいでかわいい花が咲きます。

苗から育てても楽しめますが、自分で育ててそれをハーブティーで飲むと

一層おいしく感じるのではないでしょうか?

 

ハーブとアロマのお店 feelemo

磯野久仁子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です