アロマオイル, アロマ活用法

ローマンカモミール

ローマンカモミール

古代エジプトでは、薬草として使われていたローマンカモミール。

その昔、大地のリンゴと呼ばれ、芝生として利用されていました。

現在でも、香りのある芝生として、楽しむ人もいます。

上から踏まれても元気に育つことから

「耐える力」「逆境に負けない」という花言葉もあります。

ジャーマンカモミールと違い、花と葉の両方(全草)に香りがあり

種類によって、花が咲くものと咲かないものがあります。

肌を整える化粧水などの成分にも使われます。

味が苦いため、ハーブティーに使われることはあまりありません。

他に、ダイヤーズカモミールなどの種類もあります。

 

ローマンカモミール(Roman Chamomile)

学名:Chamaemelum nobile(Anthemis nobilis)

別名:ローマカミツレ

科名:キク科

原産地:イタリア・フランス・イギリスなど

抽出部位:花

抽出方法:水蒸気蒸留法

香りの特徴:リンゴのような香り

成分:アンゲリカ酸エステル・チグリン酸エステル・タンニン・フラボノイド

ノート:ミドル

作用:ジャーマンと似た作用で、気持ちを落ち着かせる、鎮静作用、アレルギーをやわらげるなど

 

心:ストレス、緊張をやわらげる

体:ホルモンバランスの調整、軽い筋肉痛や痛みなどに。

  トリートメントや芳香浴もおすすめ。

肌:皮膚のトラブルや軽いやけどなどを和らげる。

  肌の弱い人にも使えるので、ローション、クリームなど幅広い使い方が可能です。

 

注意点:妊娠初期(妊娠中)は使用を控えましょう

活用例:濃いめのハーブティーを入れて、お風呂に注ぎ入浴すると、とてもリラックスした時間を過ごせます。

いつもの入浴剤と合わせて使うと、一層効果的です。

 

布などを染める染色に使うと、きれいな薄緑色に染まります。

元気のない植物の近くに植えると、植物が元気になると言われます。

また、他の植物を植えると、害虫予防になります。

 

 

ハーブとアロマのお店 feelemo

磯野久仁子

 

 

 

 

当ホームページまたは関連するサイト等のすべての転載・転用を禁じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です